代替医療でのがん治療

注目される代替療法

代替療法とは、西洋医学である通常医療の代わりに用いられる医療であり、民間医療・自然療法といった治療法です。
健康食品やサプリメントなどの療法などが用いられ、納豆など日本の伝統食がガン予防にたいへん良く、最近では免疫力を高める、フコイダンといった海藻類に含まれている成分なども注目されてます。
他にも伝統医学や整体療法や心身療法なども取り上げられています。
通常医療にとってガンの治療法は手術・抗がん剤・放射線治療などで攻撃して確実に退治することが基本です。

やさしいガン治療

「身体を犠牲にしなければ治すことができない」、そのため体力や免疫力や抵抗力などを低下させてしまい、副作用など身体に強い悪影響をさせてしまいました。
西洋医学では免疫力や自然治癒力を高めてガン再発を予防させる視点が乏しいようです。
そこで代替療法が身体にやさしいガン治療として期待されています。
多くの代替療法は身体を犠牲にせず、治癒力や防御力を高めさせ、ガン細胞の増殖を抑えることを目指し研究されています。
まだ科学的に評価されてなく、効果の証明はされてはおりませんが、良い報告を多く挙げられており、可能性を高く期待されています。
現在アメリカなど、ガン治療の現場では西洋医学の欠点部分を代替医療によって補いカバーする統合医療が行われ、成果を上げられております。
通常医療と代替医療を組み合わせた統合医療は、がん治療の副作用を軽減し、治療効果を向上させることができました。
そして、これからは医者だけに任せず、自身で積極的に家庭で代替医療を選ぶ時代もくるでしょう。
何が良いのか、何がきくのかと勉強して最小限の知識を理解して医療を選びましょう。

コンテンツ