注目のフコイダン

海藻は体に良いとよく言われていますが、その成分であるフコイダンが特に注目されているのです。コンブやメカブ、モズクなどに多く含まれているヌルヌルの成分で硫酸化多糖の一種がフコイダンなのです。大学や医療機関など多くの場で研究されています。その多くの理由にはフコイダンには抗腫瘍作用があることが分かり、がん治療や代替医療に期待が高まっている成分です。フコイダンをとり続けると免疫力が上がることが分かっています。免疫力が上がると病気予防、改善ができ病気になりにくく、病気が治りやすい体に変化します。アレルギーを抑制する効果もあり花粉症、アトピー性皮膚炎に改善に期待できます。そのほかにもピロリ菌から胃を守る作用、肝機能向上、高血圧予防、コレステロール低減作用、整腸作用などがあります。

フコイダンを食事からとり続けることは大変なのでサプリメントが発売されています。サプリメントにも種類が豊富で利用される食材も違い、書いてある表示の仕方も様々です。選ぶポイントの一つに低分子フコイダンがあります。フコイダンに利用される食材には違いがあるのですが、その違いが大きな変化をもたらすことはありません。しかし普通のフコイダンは分子量が大きすぎ、人はフコイダンを消化できる酵素を持っていないためせっかくとり入れたものを吸収できずに排出してしまいます。それを改善するために研究開発されたものが低分子フコイダンです。低分子フコイダンをとり入れると多くが体内に吸収され血液に乗って全身に行き渡ります。普通のものでは届かない臓器まで行き届くのです。フコイダンの魅力を実感するためには低分子フコイダンから始めてみるのも良い方法です。

コンテンツ