がん治療と代替医療におけるフコイダン

西洋医学観点からのがん治療について

一般的に病院で施されるがんに対する治療として、「抗がん剤の利用」「病巣の摘出手術」「放射線治療」が上げられます。
どれもがん治療に対して効果を発揮しますが、同時に副作用が重い事でもしられています。
例えば、
・抗がん剤⇒食欲不振、嘔吐、抜け毛、頭痛、貧血、全身倦怠感、口内炎 など
・手術⇒手術創、手術部位の機能低下・機能停止、回復に時間を要する など
・放射線⇒照射部位の肌荒れ・黒ずみ・機能低下、(頭部の場合)脱毛・口内乾燥 など
これらの副作用は非常に重くなってしまう場合があり、お年寄りなど体力の無い患者さんの場合、亡くなってしまう可能性も出てきます。また、がん自体が焼失した後にも後遺症が残ってしまう場合もあります。

副作用の少ない、「フコイダン療法」

通常医療の代わりに用いられる医療を、代替医療といいます。
最近では上記のような副作用を避けるために、代替医療を選択する患者さんも年々増えてきている状況です。
なかでも最近注目されているのが、海藻に含まれる有効成分「フコイダン」を利用した治療方法です。格安バーチャルオフィス

「フコイダン療法」とは

フコイダンとは、モズク、コンブ、ワカメなどの海藻に多く含まれるぬるっとした成分のことです。
このフコイダンには免疫賦活作用、抗腫瘍作用、抗アレルギー作用、コレステロール低下作用、中性脂肪低下作用、抗胃潰瘍作用、抗ウイルス作用、抗血液凝固作用、肝機能向上作用など、様々な効果があると研究で明らかになっており、これらの成分ががん治療に効果を発揮します。
また、フコイダンは医療薬ではないので、最初に挙げた西洋医学的な治療法のような副作用もありません。

コンテンツ