代替医療の一つであるフコイダン療法について

治療における三大療法の副作用について

がんの治療方法で一般的なのが、三大療法と呼ばれる「化学(薬物)療法」「手術療法」「放射線療法」であり、
がんの種類にもよりますが、どれも適切に治療に用いることで高い効果を期待します。
しかし一方で副作用が多いことでも知られており、特に化学(薬物)療法で用いられる抗がん剤によって「食欲不振」「嘔吐」「抜け毛」「貧血」「全身倦怠感」などが多くの患者を悩ませています。
特に体力の無いお年寄りなどの患者さんは副作用が重くなってしまった場合になくなってしまうケースもあり、そうでない人もこういったリスクは避けられない問題になっています。

フコイダン療法の選択」

抗がん剤のような副作用の少ない代替医療の一つとして、最近注目を集めているのが「フコイダン」という成分を使った治療方法です。
フコイダンは医薬品ではありませんが、がんの他にも様々な症状に有効的であるという研究結果が出ています。

フコイダンとは

フコイダンとは昆布やメカブなどの海藻に含まれるヌメリ成分で、主に免疫を活性化させると言われています。
フコイダンには様々な効果があり、中でも免疫細胞を活性化することで病気に対する治癒力を上げることが期待出来ます。
他にも、胃潰瘍や胃炎に対する健胃効果、肌荒れなどの抗アレルギー効果、肝機能向上効果があることが研究で明らかになっており、さらには抗酸化機能による老化抑制などの美容に嬉しい効果も発揮します。
フコイダンの栄養効果は海藻サラダなどから海藻自体を直接食べることでも摂取が出来ますが、より健康効果を高めたい場合にはサプリメントなどの栄養補助食品から摂取することが良いとされています。

コンテンツ