話題のフコイダン代替医療

フコイダン療法とは

学会で抗がん作用があると発表され話題となったフコイダンが代替医療として活躍してます。
フコイダンはワカメや昆布や海苔などが微生物や外的から身を守るために海藻類の体に含まれているヌルヌル成分で、特にモズクは多いと言われ、他の海藻にくらべ5倍ものフコイダンが含まれているそうです。
そして最も手軽にはじめられる代替医療の栄養療法なのです。
フコイダン療法は、フコイダン成分の健康食品やサプリメントの二つのやりかたで食するだけの治療法。
免疫療法などのように病院に通う手間もなく、自宅ですぐにはじめられ、手術や入院費のような高額な費用はかからず、最小限の負担ですみます。
フコイダンには、マクロファージやNK細胞といった免疫細胞を活性化させり、さらに血流を促進させて代謝を上げたり、栄養吸収などのサポートする効果もあります。
そして注目させてるのは、がん細胞に直接働きかけて自滅させるアポトーシス現象です。
そんなフコイダン療法には、副作用がないのも大きなメリットがあり、さらに症状の痛みや抗がん剤の副作用を和らげる働きもあります。
最近では、治療とあわせてフコイダン療法をオススメする統合医療が増えてきています。
また、ガン治療以外の可能性の効果にも期待され、抗ウィルス、抗アレルギー、コレステロール、胃潰瘍の改善など、フコイダンにはさまざまな健康効果をもたらしています。

コンテンツ