フコイダンによる免疫療法

フコイダンの免疫療法

代替療法とは、直接ガン細胞に攻撃するのではなく、免疫力を向上させて自然治癒力を強化し、ガン細胞を胎児する治療法です。
現代医学のガン治療は、アメリカを含めた西洋の医学が中心の西洋医学で行われております。
しかし現代医学の最先端でもガンを完治させることが非常に難しく苦戦している状態です。
手術、抗がん剤治療、放射線治療といった、ガンの三大療法は治療効果が大いにありますが、副作用や体力低下などのデメリットも当然あります。
そこで今、西洋医学だけではなく、免疫力を強化し、がん細胞に確実な攻撃して進行を阻止する代替療法が注目されています。 その代替治療の一つ、体内の免疫力を高めて、病気に対抗させる免疫療法があります。
生物の体内に備わっている免疫力は、体内に侵入してきた病原体やガン細胞などを消滅させる大事な存在です。
ですので免疫力が極端に弱くなると、重い感染症やガンにかかり、死ぬことになってしまいます。
免疫は血液中にある白血球です。
白血球には、食細胞(マクロファージ)、NK(ナチュラルキラー)細胞、Tリンパ球(T細胞)などがあり、重要な役割を持ち、ガンを攻撃して消滅させる存在です。
そして白血球に海藻類に含まれている栄養成分フコイダンが、より活性化させることで免疫療法の分野の医学界からも注目されています。 フコイダンは海藻類の食物繊維、コンブやワカメなどに含まれているネバネバの成分のことです。
ガンに「アポトーシス現象」というガン細胞を自殺させる働きを起こさせることができ、正常の細胞には影響与えることのない、副作用のない薬なのです。
フコイダンの免疫療法は食事とサプリメントの二つのやり方があります。

コンテンツ